英語フレーズ・単語 PR

【筋トレの英語表現】トレーニングの種類・スラング・自重筋トレなど

記事内には商品プロモーションを含む場合があります

どうも、ゆっきです。

筋トレは健康に良いことはもちろん、

海外の情報も探っていると

英語表現もたくさん吸収できるので勉強にも役立ちオススメ!

こちらは、どうやったら6PACK(腹筋)が割れるか?
ということを「アボカド」を使って説明しているものです。

筋トレに絞って英語を聞いていると

体の動作・仕組み・栄養などの決まった英語がたくさん出てきます。

ジャンルが決まっていると「こういった意味かもな〜?」と予測もしやすいので、好きなジャンルの英語に絞ってやるのは覚えやすくオススメです。

今回は、筋トレに関する英語表現をまとめて紹介!

筋トレをするときに知っておきたい

  • 英語表現
  • スラング
  • トレーニング

の名前を覚えましょう!

個人的には英語のスラングが面白いのでおすすめです。

筋トレの英語表現/何といえばいい?

まず、筋トレ全般を英語で表現するときに

よく使われるフレーズが「work out」です。

筋トレをする:work out の意味や使い方

work out には「運動する」「トレーニングする」

という意味があり、次のように使います。

<例文>

I work out at the gym three times a week.

私は週に3回、ジムでトレーニングしています。

She worked out for two hours yesterday.

彼女は昨日2時間、運動しました。

また、 work out 以外に『筋トレ』と英語で言うときは

トレーニング方法によって言い分けられます。

Strength training:力をつけることを目的としたトレーニング

Weight training:重量を使ったトレーニング全般

Resistance training:抵抗を加えたトレーニング

Bodybuilding:筋肉を大きくすることを目的としたトレーニング

Powerlifting:3つの種目(スクワット、ベンチプレス、デッドリフト)の合計重量を競うスポーツ

筋トレの英語:トレーニングの種類

次に、いろいろな筋トレを英語で何というか紹介します。

あなたはいくつ知っていますか?

Strength training:筋力トレーニング

Endurance training:持久力トレーニング

Flexibility training:柔軟性トレーニング

Cardio exercise:有酸素運動

Weight training:ウェイトトレーニング(器具を使ったもの)

Bodyweight training:自重トレーニング

Circuit training:サーキットトレーニング(筋トレ+有酸素)

High-intensity interval training (HIIT):高強度インターバルトレーニング

Core training:コアトレーニング

Functional training:機能性トレーニング

Plyometrics: プライオメトリックス(反動を使ったトレーニング)

筋トレの英語スラング

筋トレの英語表現には、スラングが使われることがあります。
以下に、スラングを交えた筋トレの英語表現をいくつか紹介します。

トレーニングについてのスラング

  1. hit the gym:ジムでトレーニングすること
  2. hit the weights:ウェイトを使うトレーニングをする
  3. pump iron:重いバーベルやダンベルを使った筋トレ
  4. Reps:”repetitions”の略で、トレーニング動作の回数
  5. Ego Lifting:見せつけるために無理に高重量を持ち上げる行為

筋トレする人についてのスラング

  1. Gym Freak:ジムばかり行く人のこと
  2. Cardio Bunny:ジムで有酸素運動ばかりやる人(主に女性に対していう)
  3. Machine Hogs:ジムでマシンを独占して動かない人のこと
  4. Weekend Warrior:週末だけ筋トレする人のこと

体の状態についてのスラング

  1. get ripped:筋肉ムキムキに鍛える
  2. swole:筋肉モリモリ、筋肉が大きくなっている状態
  3. Jacked : 筋肉が大きく、力が強い状態
  4. Gainz : “gains”のスラングで、筋肉の増量
  5. shredded:脂肪を削ぎ落とし、体を絞った状態を表す
  6. Cutting:筋肉を引き締め脂肪を落とし、ボディラインを綺麗にすること
  7. beast mode:野獣のような状態、集中力が高く、最高の能力を発揮する状態
  8. DOMS:”delayed onset muscle soreness”の略。遅れてやってくる筋肉痛を表す
  9. Plateau:トレーニングの進歩が止まってしまった状態

自重の筋トレの英語表現

ジムに行かず、家で筋トレすることは・・

Home workout と表現できます。

そして自分の体重のみで行う筋トレも効果的で人気ですが

自重筋トレは英語で ・・

Bodyweight exercises

Calisthenics(キャリステニクス)

などと表現されます。

器具を使った Weight training

自重の Calisthenics(キャリステニクス)は

それぞれの強みをよく比較されたり、うまく組み合わせるトレーニーもいます。

自重筋トレの種類:英語名一覧

上半身トレーニング

  • 腕立て伏せ:プッシュアップス(Push-ups)
  • 懸垂:プルアップス(Pull-ups)
  • チンニング:チンアップス(Chin-ups)
  • バックエクステンション(Back extension)

下半身トレーニング

  • スクワット(Squats)
  • ランジ(Lunges)
  • スタンディングカーフレイズ(Standing calf raises)
  • レッグレイズ(Leg raises)

全身トレーニング

  • バーピー(Burpees)
  • クランチ(Crunches)
  • バイシクルクランチ(Bicycle crunch)
  • レッグプレス(Leg press)

※一部トレーニングは上半身・下半身の両方に効果があるものがあります。

腕立て伏せ(プッシュアップ)の英語表現

「腕立て伏せ」を英語でいうときは・・

Push-up (プッシュアップ)ですね。

この表現は一般的にアメリカ英語で用いられます。

なお、イギリス英語の表現としては、プレスアップ(press-up)があります。これはアメリカ英語の「プッシュアップ」と同義です。

腕立て(プッシュアップ)の種類

  • Push-up:プッシュアップ
  • Wide push-up:ワイドプッシュアップ
  • Narrow push-up:ナロープッシュアップ
  • Diamond push-up:ダイヤモンドプッシュアップ
  • Clap push-up:クラッププッシュアップ
  • Incline push-up:インクラインプッシュアップ
  • Decline push-up:デクラインプッシュアップ

また、腕立て伏せのやり方については以下のような表現があります。

  • Assume a push-up position:腕立て伏せのポジションに入る
  • Lower your body:体を下げる
  • Push up:体を上げる
  • Keep your body straight:体をまっすぐに保つ
  • Tighten your core:腹筋を引き締める
  • Exhale as you push up:上昇するときに息を吐く
  • Inhale as you lower down:下降するときに息を吸う

Exhale(エクスヘイル)息を吐くは、Breathe out

Inhale(インヘイル)息を吸うは、Breathe in

という風に言い変えたり、色々な表現ができます。

「腹筋」の英語表現

腹筋の英語表現については以下のようなものがあります。

  • Crunch:クランチ
  • Bicycle crunch:バイシクルクランチ
  • Leg raises:レッグレイズ
  • Reverse crunch:リバースクランチ
  • Sit-ups:シットアップス(上体起こし)

また、腹筋トレーニングのやり方については以下のような表現があります。

  • Do crunches:クランチをする
  • Lift your shoulders off the floor:肩を床から浮かせる
  • Exhale as you lift up:上げるときに息を吐く
  • Keep your knees bent:膝を曲げたままにする
  • Contract your abs:腹筋を引き締める
  • Hold for a second:1秒キープする

プランク(Plank)の英語表現

プランク(Plank)に関する英語表現としては、以下のようなものがあります。

  • Plank:プランク
  • Forearm plank:前腕プランク
  • Side plank:サイドプランク
  • Reverse plank:リバースプランク
  • High plank:ハイプランク
  • Low plank:ロープランク

また、プランクのやり方については以下のような表現があります。

  • Get into plank position:プランクのポジションに入る
  • Hold a plank:プランクをキープする
  • Engage your core:腹筋を引き締める
  • Keep your back straight:背中をまっすぐに保つ
  • Don’t let your hips sag:腰を下げないようにする
  • Breathe deeply:深呼吸する

「懸垂・チンニング」の英語表現

懸垂に関する英語表現としては、以下のようなものがあります。

  • Pull-up:懸垂
  • Chin-up:チンニング (逆手で行う懸垂)
  • Wide-grip pull-up:ワイドグリップ懸垂
  • Close-grip pull-up:クローズグリップ懸垂
  • Assisted pull-up:アシスト懸垂
  • Negative pull-up:ネガティブ懸垂
  • Jumping pull-up:ジャンピング懸垂

また、懸垂のやり方については以下のような表現があります。

  • Grab the bar:バーにつかまる
  • Hang from the bar:バーにぶら下がる
  • Pull yourself up:自分自身を引き上げる
  • Engage your back muscles:背中の筋肉を使う
  • Keep your elbows close to your body:肘を体に近づける
  • Lower yourself down slowly:ゆっくりと下ろす

ディップス(Dips)の英語表現

ディップス(Dips)に関する英語表現としては、以下のようなものがあります。

  • Dips:ディップス
  • Bench dips:ベンチディップス
  • Parallel bar dips:パラレルバーディップス
  • Ring dips:リングディップス
  • Assisted dips:アシストディップス

また、ディップスのやり方については以下のような表現があります。

  • Get into dip position:ディップスのポジションに入る
  • Lower your body:体を下ろす
  • Keep your elbows in:肘を身体に寄せる
  • Push up:押し上げる
  • Lock out your elbows:肘を伸ばす
  • Breathe in on the way down:下ろすときに息を吸う
  • Breathe out on the way up:上げるときに息を吐く

以上のように、自重で行う筋トレには、様々な種類があり、それぞれの種類に対応する英語表現が存在します。

筋トレに関連する英語なら、やっているうちに自然と覚えてしまいそうですね!